カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

お店ロゴ2 生活習慣の改善はココナッツオイル製品で

ココナッツオイル、ココナッツチョコレート、ココヤシ花蜜糖、ココヤシ酢ドリンク、ココナッツヘアカラートリートメント、ココナッツシャンプーやココナッツ化粧品などココナッツオイル製品が勢ぞろいです。

ココナッツヘアカラートリートメント・レヴィータキュア3本セット


 
 エキストラバージンココナッツオイルを主成分とした植物エキス群が3つのキュア(保全・染色・補充)を実行。
 安心・安全な染毛と豊潤な髪質を実現します。

 
 SECURE (セキュア) 保全
 
 かけがえのない資産である毛髪と毛包をダメージを与えることなく保全。
 コーティング効果で光沢と柔軟性のある毛髪を維持します。
 
・薬剤を使わないからキューティクルを壊しません。
・毛髪をコーティングしてダメージから守ります。
・潤沢な毛髪と美しい光沢を維持します。
 
 MANICURE(マニキュア) 染色
 
 毎日使っても大丈夫な無添加製品です。
 髪の表面に色素を吸着させるマニキュア効果で色素を定着させます。
 
・髪や頭皮を傷めることなく染毛します。
・お肌にやさしいノンジアミン系です。色持も優れています。
・1週間に1〜2回の使用でOKです。
 
 HAIRCURE(ヘアキュア) 補充
 
 コルテックスへ栄養成分を送り、ふんわりとボリュームのある髪へと仕上げます。
 しっとりとハリがある状態が維持します。
 
・栄養成分を髪に浸透させます。
・髪の水分量を調整しツヤを保ちます。
・染毛しながらトリートメントできます。
 
 髪とココナッツオイル
 
 ココナッツオイルをヘアケアに応用するのは新しいことではありません。
 ポリネシア諸島では数百年にわたり実践されてきました。
 南国における太陽の日差しは厳しく、髪は常に強烈な紫外線にさらされています。
 紫外線はキューティクルを破壊し、髪の本質であるタンパク質繊維が壊れ、パサパサで枝毛の多い髪になりがちです。
 また、毛穴から分泌される皮脂は紫外線により急激に酸化が進んで過剰化脂質となり腐敗や悪臭の原因となります。
 ココナッツオイルはポリネシア女性の潤沢に流れる美しい光沢のある髪の維持に使われてきました。
 天然ココナッツオイルは貴重なオイル源の一つで、唯一の保護剤であり トリートメント剤だったのです。
 
 ヘアカラーイメージ
 3色のヘアカラーをご用意いたしました。
 

 
 天然色素の3色は、お肌にやさしいノンジアミン系で色持ちも優れています。
 ノンジアミン系だからお肌に優しく、チクチクやヒリヒリなど、かぶれや痒みの心配がありません。
 お好みに合わせて3色からお選びください。
 ブラック(グレー系の黒)ダークブラウン(落ち着いた茶)ハニーブラウン(赤みを帯びた茶)
 
 主な配合エキス
 オランダカラシ、セイヨウキズタ、アルニカ、ローズマリー
 
 三本セットで割安、送料無料でお買い得くです。

ココナッツヘアカラートリートメント・レヴィータキュア3本セット

メーカー:生活科学研究会
型番:B6
価格:

11,700円 (税込)

購入数: セット

カラー

在庫

購入

ブラック

在庫あり

ダークブラウン

在庫あり

ハニーブラウン

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

■ 商品説明

ココナッツヘアカラートリートメント・レヴィータキュア3本セットで割安・送料無料でお買い得です。 ココナッツオイルと植物エキス群が保全・染色・補充の3つのキュアを実行します。 安心・安全な染毛と豊潤な髪質を実現するノンジアミン系の自然派カラートリートメントです。 チクチクやヒリヒリなど痒みやかぶれの心配がないから安心です。

■ 商品仕様

製品名ココナッツヘアカラートリートメント・レヴィータキュア3本セット
型番B6
メーカー生活科学研究会
製品重量240g


 
使用方法
 
1.シャンプー
 毛染めの前に、できるだけリンス入りのシャンプーは使用しないでください。
 髪に付着している汚れや油があると、色素がキレイに定着しません。
 まずは予洗いで髪の表面から汚れを落とし、次にシャンプーで髪と頭皮をしっかり洗ってください。
 
2.乾燥
 シャンプー後はタオルまたはドライヤーで水気をできるだけ取ってください。
 髪がしっかりと乾燥すると色素が定着しやすくなります。
 
3.染色
 白髪が気になる部分を中心にレヴィータキュアをたっぷり塗ります。
 20分から30分程度髪になじませてください。
 
4.すすぎ
 色水が出なくなるまで髪をすすいでください。
 色素をよく定着させるために、髪をよく乾かしてください。
 最初は温風で、仕上げは冷風で行うのがポイントです。
 
ヘアカラートリートメント

ページトップへ